ウーマン

ピアノレッスンで感受性を育む|人気の高い習い事

競馬の騎手としてデビュー

競馬

騎手への登竜門

中央競馬の競馬学校は、高校卒業レベルの勉強ができると同時に競馬の騎手になるための技術を養成する機関です。競馬学校を卒業すると、ほとんどの人は騎手の免許に合格をすることができ、中央競馬がデビューする夢を叶えることができます。そのため、競馬学校に入学したい人は毎年多く、入学は狭き門となっています。競馬学校に入ると、通常の授業のほかに騎手に必要な様々な技術などを身に付けることになります。朝は馬の世話から始まり、日中は実際にサラブレッドに乗り教官から騎乗方法の指導を受けることになってきます。夜は木馬で自主的に騎乗の練習をすることがあります。また、騎手になるために厳しい体重制限が行われることになります。毎日、体重をグラフに付け、食事を制限することも行われています。

乗馬技術を身に付ける

競馬学校を卒業すると騎手デビューをすることができ、将来的には一流のジョッキーになると年収が数千万といった高額所得を稼ぐことが可能となってきます。しかし、ジョッキーとしては競馬学校の卒業して実際にレースに出場するようになってからが本当の勝負となってきます。始めは見習い騎手として、3キロのハンデが与えられます。そのハンデがある期間にジョッキーとしての腕を高めておくことが重要です。しかしながら、まずは騎手になるためには、競馬学校に入るのが何よりも必要なこととなります。競馬学校の入学試験では、乗馬の腕が問われることになってきます。したがって、試験の前に乗馬クラブなどで乗馬の技術をしっかりと身に付けて受験に望むことが重要になります。